2007年06月29日

Designing BSD Rootkits

Practical Common Lisp

表題の書籍を読んだ。

An Introduction to Kernel Hacking との副題の通り、悪いことをするための本というよりはそれをネタにしたFreeBSDカーネルへのいざないという感じの本。以下に紹介するようにカーネルコードに密着した話題だけが扱われている。

カーネルのソースコードに手を出してみたい気持ちはあるものの、難しそうだとか先に知らないといけない事が多そうで敷居が高そうだと感じて先へ進めない読者(筆者のことです)のハードルを下げるには丁度具合のいい本だと思う。130ページ程度と薄く、考え込むほど難しいところもなく(5章は例外)気軽に読めた。

内容は次のよう。トピック毎に内容に即した短いプログラムが提示されていて、自分で実際に試してみることができるのは非常に大きい。ただしどこか間違えると大体リブートする破目になるので、qemu上に環境を作って試す方がいい(特に5章以降)。 下心なくとも、ルートがあればこんなことも可能なのかというだけでも単純に面白い。

続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。